慰謝料の相場とは


不倫されたという現実を叩きつけられた際には、怒りや悲しみの感情が浮かんでくるものではないでしょうか。不倫された後は、夫婦仲を戻して再び関係を修復するというパターンもあります。一方これ以上不倫をするような人と一緒にいたくないという気持ちがあり、そのまま慰謝料請求して夫婦仲を解消してしまうといったことも少なくありません。では、慰謝料請求をする場合には、どのぐらいの慰謝料の額が望めるのでしょうか。

相場請求する立場として、どれくらいの額を請求できるところなのか1番に気になる点と言えます。加えて初めての場合も多く、余計に判断がつきにくいとも言えます。ちなみに全体の相場は50から100万円ほどとなります。

額を決める要素は子供がいるかどうかや、不倫前の夫婦の仲、不貞行為の回数などが関係するのです。具体的に1点ずつ説明すると子供がいる場合だと慰謝料額は増える傾向にあります。2つ目の不倫前の夫婦仲は、不倫に至る前の夫婦仲が円満でなかった場合は減額される要因にもなるのです。3つ目に挙げた不倫相手との不貞行為の回数に関しては、多ければ多いほど慰謝料は高くなっていくとされます。したがって、請求額を高くするにあたって詳細に条件の項目の確認をする必要があるのではないでしょうか。


関連記事

  1. 慰謝料請求の流れ
  2. 不倫での慰謝料請求
  3. 慰謝料請求のポイント