慰謝料請求の流れ


不倫ふいに不倫されたことが分かる場合もあると聞きます。分かった時にはショックを受けるものです。しかし、そこからどうしていくかを考えることが先決です。不倫された方のその後としては、そのまま離婚をしてしまうか、夫婦仲を再び戻すかの主に2つが挙げられるでしょう。このうち離婚をして慰謝料を請求する場合は、どのような流れとなるのか把握しましょう。

慰謝料請求をするといった場合にとる行動は、自分一人で請求する方法と弁護士に相談する方法が挙げられます。費用が掛からないという点では自分一人で進めていく方が費用の削減にはなります。しかし、請求するにあたって請求可能となる条件が存在するのです。したがって知識があった方が良いと言えるでしょう。とはいえ不倫の慰謝料請求について、知識を持っていない方も少なくありません。ちなみに請求額の相場は約50から100万円となっています。ところが最悪の場合には条件がそろっておらず、慰謝料請求ができなかったということにもなりかねません。もしも不安を持っているのであれば、経験と知識が豊富な弁護士に依頼するのが得策です。先述したように請求するために、いくつか条件が必要となります。その例の1つには肉体関係にあることが挙げられるでしょう。これから請求をする場合にはその時の状況整理を行ったうえで進めることが重要です。

不倫をされれば何かしら思うものです。慰謝料請求はそこから立ち直っていくための方法の1つとも言えます。この記事では慰謝料請求に何が必要なのか例を挙げて紹介しています。慰謝料の請求に関してお悩みの方にとって、請求の成功の手助けとなる情報を提供できれば幸いです。


関連記事

  1. 不倫での慰謝料請求
  2. 慰謝料の相場とは
  3. 慰謝料請求のポイント