慰謝料請求のポイント


不倫をされた怒りで、すぐに慰謝料請求に臨みたい方もいます。確かに不倫をされて平気なことの方が少ないと言えます。とはいえ不倫による慰謝料請求にはある条件が必要であることをご存知でしょうか。請求するにあたって、主に3つのポイントが必要となってきます。

1つ目は不倫相手と不倫に至る前に夫婦間の婚姻関係が壊れていないかどうかです。つまり行為に及ぶその時までに、夫婦の婚姻関係にあったのかということになります。恋人間で浮気された際にも不倫の場合と同じように、慰謝料を請求することができます。しかし、これは結婚して婚姻関係になっていないため、不倫と認められないのです。そのため、慰謝料の請求は不倫の場合と比較すると難しくなります。

肉体関係2つ目は不倫相手が夫また、妻を既婚者であると認識しているのかです。この点が重要になります。もしも、相手が結婚していると分かっていてその行為に臨んだのであれば、慰謝料請求は成功しやすくなると言えるでしょう。反対に不倫相手がそのことを知らなかった場合は、不倫相手への慰謝料請求の成功率が下がる原因にもなります。

3つ目に挙げられるポイントは不倫相手が望んだうえで、肉体関係を結んだのかです。こちらも2つ目のポイントと同じように、すでに結婚している相手であると知って行為をしたかが請求できるかどうかのポイントとなります。これらからも分かるように、慰謝料を請求するにしても条件は様々です。そのため、確実に進めていきたいという方は1度弁護士に相談してみましょう。


関連記事

  1. 慰謝料請求の流れ
  2. 不倫での慰謝料請求
  3. 慰謝料の相場とは