慰謝料請求のポイント

不倫をされた怒りで、すぐに慰謝料請求に臨みたい方もいます。確かに不倫をされて平気なことの方が少ないと言えます。とはいえ不倫による慰謝料請求にはある条件が必要であることをご存知でしょうか。請求するにあたって、主に3つのポイントが必要となってきます。

1つ目は不倫相手と不倫に至る前に夫婦間の婚姻関係が壊れていないかどうかです。つまり行為に及ぶその時までに、夫婦の婚姻関係にあったのかということになります。恋人間で浮気された際にも不倫の場合と同じように、慰謝料を請求することができます。しかし、これは結婚して婚姻関係になっていないため、不倫と認められないのです。そのため、慰謝料の請求は不倫の場合と比較すると難しくなります。

肉体関係2つ目は不倫相手が夫また、妻を既婚者であると認識しているのかです。この点が重要になります。もしも、相手が結婚していると分かっていてその行為に臨んだのであれば、慰謝料請求は成功しやすくなると言えるでしょう。反対に不倫相手がそのことを知らなかった場合は、不倫相手への慰謝料請求の成功率が下がる原因にもなります。

3つ目に挙げられるポイントは不倫相手が望んだうえで、肉体関係を結んだのかです。こちらも2つ目のポイントと同じように、すでに結婚している相手であると知って行為をしたかが請求できるかどうかのポイントとなります。これらからも分かるように、慰謝料を請求するにしても条件は様々です。そのため、確実に進めていきたいという方は1度弁護士に相談してみましょう。


関連記事

  1. 慰謝料請求の流れ
  2. 不倫での慰謝料請求
  3. 慰謝料の相場とは

慰謝料の相場とは

不倫されたという現実を叩きつけられた際には、怒りや悲しみの感情が浮かんでくるものではないでしょうか。不倫された後は、夫婦仲を戻して再び関係を修復するというパターンもあります。一方これ以上不倫をするような人と一緒にいたくないという気持ちがあり、そのまま慰謝料請求して夫婦仲を解消してしまうといったことも少なくありません。では、慰謝料請求をする場合には、どのぐらいの慰謝料の額が望めるのでしょうか。

相場請求する立場として、どれくらいの額を請求できるところなのか1番に気になる点と言えます。加えて初めての場合も多く、余計に判断がつきにくいとも言えます。ちなみに全体の相場は50から100万円ほどとなります。

額を決める要素は子供がいるかどうかや、不倫前の夫婦の仲、不貞行為の回数などが関係するのです。具体的に1点ずつ説明すると子供がいる場合だと慰謝料額は増える傾向にあります。2つ目の不倫前の夫婦仲は、不倫に至る前の夫婦仲が円満でなかった場合は減額される要因にもなるのです。3つ目に挙げた不倫相手との不貞行為の回数に関しては、多ければ多いほど慰謝料は高くなっていくとされます。したがって、請求額を高くするにあたって詳細に条件の項目の確認をする必要があるのではないでしょうか。


関連記事

  1. 慰謝料請求の流れ
  2. 不倫での慰謝料請求
  3. 慰謝料請求のポイント

不倫での慰謝料請求

不倫された際の慰謝料の請求方法には、一人で請求する方法と弁護士に依頼する方法に分けられます。請求するにしても必要な手続きが多いとされます。そのため、あまり手間をかけない方法を望むのであれば、慰謝料請求を弁護士と相談しつつ進める方法がおすすめです。

相談慰謝料請求を弁護士に依頼する際のメリットは、やはり心強さになるでしょう。どのようなところから心強さがあると言えるかというと、それは経験になります。弁護士はこれまで、同じような事例の不倫に関する慰謝料請求の案件をこなしてきた方も多いです。そのため、一人で行う場合にはあまり知識のないところから進めていくため、不安な点がそのままとなってしまいます。うまくいかないという話もあると聞きます。その点、豊富な知識と経験を持った弁護士と一緒に請求の手続きをすることで、スムーズに進めることにもつながるのではないでしょうか。

請求の進め方としては、証拠集めが必要です。実際に撮影したその時の写真を証拠として提示する方もいるようですが、現実的な方法としてはメールやネットを介してのやり取りも重要な証拠となります。また請求額についても決めねばならず、額によっては相手が応じない場合もあります。このことからも分かるように、より請求成功の可能性を上げるためにも、弁護士と協力して進めると良いでしょう。


関連記事

  1. 慰謝料請求の流れ
  2. 慰謝料の相場とは
  3. 慰謝料請求のポイント

慰謝料請求の流れ

不倫ふいに不倫されたことが分かる場合もあると聞きます。分かった時にはショックを受けるものです。しかし、そこからどうしていくかを考えることが先決です。不倫された方のその後としては、そのまま離婚をしてしまうか、夫婦仲を再び戻すかの主に2つが挙げられるでしょう。このうち離婚をして慰謝料を請求する場合は、どのような流れとなるのか把握しましょう。

慰謝料請求をするといった場合にとる行動は、自分一人で請求する方法と弁護士に相談する方法が挙げられます。費用が掛からないという点では自分一人で進めていく方が費用の削減にはなります。しかし、請求するにあたって請求可能となる条件が存在するのです。したがって知識があった方が良いと言えるでしょう。とはいえ不倫の慰謝料請求について、知識を持っていない方も少なくありません。ちなみに請求額の相場は約50から100万円となっています。ところが最悪の場合には条件がそろっておらず、慰謝料請求ができなかったということにもなりかねません。もしも不安を持っているのであれば、経験と知識が豊富な弁護士に依頼するのが得策です。先述したように請求するために、いくつか条件が必要となります。その例の1つには肉体関係にあることが挙げられるでしょう。これから請求をする場合にはその時の状況整理を行ったうえで進めることが重要です。

不倫をされれば何かしら思うものです。慰謝料請求はそこから立ち直っていくための方法の1つとも言えます。この記事では慰謝料請求に何が必要なのか例を挙げて紹介しています。慰謝料の請求に関してお悩みの方にとって、請求の成功の手助けとなる情報を提供できれば幸いです。


関連記事

  1. 不倫での慰謝料請求
  2. 慰謝料の相場とは
  3. 慰謝料請求のポイント